2018年07月21日

ノートを取ることだけが勉強ではない

前回のブログで巣鴨校小4の観光大使選手権を紹介しましたが、小5にも同じような授業があります。小5では、理科の実験方法や身近な原理・現象について考え、授業で発表しています。今日は夏休み直前の授業だったので、子どもたちは「夏の夕立・ゲリラ豪雨」のメカニズムに関して考え、発表をしました。

当然、子どもたちはそのメカニズムを知りません。しかし、エアコンが原因と考えたり、梅雨の影響が残っているのではと考えたり……。自分が持っているあらゆる知識を使って分析をしていました。また、自分の発想になかった意見が出ると「すごい……」と自然に声が漏れたり、拍手が起きたりと、周りの意見に刺激される様子も見られました。

当然、最後には解説をし、自分の考えが合っていたのかを確認します。子どもたちは自分の中に仮説(正解)を持っていますので、本当に正しかったのかを解説の中で検証していきます。

知識として解説をしたほうが効率的でしょう。しかし、解説をノートに写して持ち帰るだけでは、知識は身についても物事への興味・関心や、思考力や表現力は身につかないと思っています。だからこそ、間違った答えであっても大いに考え、堂々と発表し続けてほしいと願っています。