2017年10月14日

公中テストの結果が届きました

錦糸町校小学部担当の味形です。

先日実施された「公中テスト第3回」の結果が教室に届きました。公中テストとは、栄光ゼミナール・E-styleに通っている小学5年生、小学6年生の生徒が受検をする適性検査型の模試です。この模試では、得点や偏差値だけではなく、志望校の合格判定も出るため、受検生にとっては大変重要な模試のひとつです。

私も模試の結果を見ましたが、多くの生徒がこの夏休みの間に自分の弱点を克服したうえで、成績を伸ばしており、とても嬉しく思います。

しかし、大切なことは、今回の結果から次に向けて何を考えるかです。

本来であれば正解できた問題での失点。その失点の原因は何か。正解はしているが、それは正しい方法で解けていたのか。時間の使い方に誤りはなかったか。成績の上下に関係なく、振り返るべきことは数多くあります。その振り返りから自分の課題を定め、ひとつずつ克服していく。地道ですが、合格するうえで最も重要なことです。

結果に一喜一憂するだけでは、そこから得られるものはありません。成績表を見ながら様々なことを分析し、反省しましょう。そして、きちんと解き直しをし、次は絶対にできるようにして合格に近づきましょう。