2017年09月23日

小石川中の添削講座のご案内

E-style錦糸町校の山敷です。

私は小石川中適性検査対策ゼミを担当しており、毎年多くの小石川中志願者を指導するのですが、合格する生徒にはある傾向があることに自然と気づかされます。それは、くりかえしに強いことです。

小石川中の問題は「都立中でもっとも難しい」と言われることもありますが、問題をよく見るとそこには明確なパターンがあります。必要なのは初見の難問・奇問に対応する力ではなく、演習の「くりかえし」を通してパターンを身につける力です。ひとつの目標に向けて努力しつづけられる生徒が求められていると言い換えることもできるでしょう。

ただパターンがわからなければ努力もできません。小石川中の添削講座でお伝えしたいのは、そのパターンです。高い偏差値や難関校といううわさ話などにとらわれる必要はありません。最後まで努力をくりかえせる受検生の参加をお待ちしています。