2019年01月05日

遮二無二、一心不乱、猪突猛進…

中学部主任の實方です。本年もよろしくお願い申し上げます。

と、一応世間の慣習に則りご挨拶いたしましたが、我々の正月は3月です。

生徒達と一心同体、ここからが勝負です。

1月2、3日に正月特訓が行われました。過去のデータより、都立校合格ラインを独自に定め、2日間での5教科合計と内申得点を換算し、模擬合格発表を行いました。

写真は模擬合格発表掲示です。へらへらしていた生徒もこの掲示を見て真剣な顔つきになっていました。目に涙を浮かべている生徒も散見されました。まあ、ちょっと厳しいこと言いすぎたかもしれませんが。これが入試なのです。どんなに頑張っても、どんなに受かりたくても不合格になる人はいる。でも、頑張らなければ、受かりたいと思わなければ合格はないのです。都立入試までに残された時間はあと47日です。まだあると思うのか、もうこれしかないと思うのか、あなた次第です。私だったら前者を選びますね。残された時間で何ができるか考え、本番で1点でも多く取れるようがむしゃらにもがきます。

神様とかいつもは信じないけれども、受験期だけは信じます。どうか、E-styleの中3生を第一志望合格に導いてください。なんて思いもありますが、神頼みなんて情けない。彼らが1点でも多く取れるよう我々担当はがむしゃらに指導することに専念します。さあ、ラストスパートです。

また中2生諸君、先輩達の勇姿をしっかりと目に焼き付けておいてください。もうすぐ君たちの番が来ます。

1月10日(木)よりE-style上野校が開校します。錦糸町校・巣鴨校同様、最難関都立高校合格がコンセプトです。最難関都立高校を少しでも視野に入れている方、是非一度お越しください。各教科の専門講師と最難関を狙うライバルたちとともに自分を磨きましょう。お待ちしています。以上、宣伝でした。