2019年03月09日

E-style高校入試報告会開催

E-style責任者の堀です。

本年度の中学・高校受検も終了し、次年度の入試に向けて、小学部・中学部ともに新年度がスタートしております。さて、本日E-style上野校において、「E-style高校入試報告会」を開催いたしました。2019年度の最難関都立高校の入試問題を、中学部の各教科専任担当が出題意図から詳細に分析したものを、次年度以降最難関都立高校合格を目指すご家庭にご報告させていただきました。

合格を目指す多くのご家庭の皆さまが、専任担当の解説を熱心に聞きながらメモを取る姿に、解説をしていた専任担当たちも気持ちを新たにした機会となりました。次年度の生徒たちが、今年度都立日比谷高校などの最難関都立高校合格を勝ち取った生徒たちに続けるように、指導体制についてさらなるブラッシュアップをかけていきたいと議論を続けております。

都立日比谷高校の英語など、大学入試改革を意識した思考力・判断力・表現力を求める問題傾向の変化が今年も出題されています。「最難関大学合格の基礎を作る」というE-styleのコンセプトを、将来的に全ての生徒に体現してもらうべく、E-style小学部中学部の6か年一貫教育の中で、全ての生徒が成長できる一年にしていきたいとご家族の後姿を見て改めて感じました。

上野校もいよいよ春期講習から小学部・中学部ともに本格的に開講いたします。錦糸町校・巣鴨校も新しい学年での初めての講習となります。全ての担当たちと思いを一つにして春期講習に臨みたいと思います。