2019年07月23日

変わる夏 夏期講習

 

数学科主任の遠藤です。
E-styleでは昨日から夏期講習が始まりました。勝負の夏です。

前回のブログにもある通り、学習の量と質を果たすために夏期学習計画表の記入があります。
今回は中学3年生がどのようなスタートを切っているのかをお伝えします。

  

写真の通り、9時間の学習目安を超えている生徒が多数います。
素晴らしいスタートダッシュ、これには明確な要因があります。
親子集会から夏期講習までの1週間、中学3年生は変わりました。学習時間が増えたのです。
7/21(日)の夏期講習前日でさえ、授業がないにもかかわらず9時間ほどの学習時間を確保できた生徒もいます。

あえて、これからにむけての更なる成長ポイントを伝えるのであれば、夜のうちに翌日の学習予定を立てて
記入しておく、ということです。自分で決めるからこそ意味があります。
自分で判断する経験が増えるほど受検直前での伸びがあります。意志の強さがでてきます。

変わろうとする夏ではなく、変わる夏。
自分の力で自分が変わることを実感してほしいと思っています。

E-styleでは、変わる夏を体感できます。