2021年01月29日

大事なときに力を出すには

E-styleの沖です。今回は受検当日を迎えるにあたって、大事にしてほしい緊張について受検生の皆さんにお伝えします。

新型コロナのせいで、習い事の発表会やスポーツの大会など大舞台に立って何かをするということがあまりなくなってしまったのではないでしょうか。プロの人たちも、劇場に客を入れてミュージカルや演劇を上演することが減っています。その代わりに、オンラインでコンサートや上演をする方が増えています。

さて、受検生のみなさん。先生は昨年秋に劇場に足を運び、ある方の素晴らしい歌声を聞く機会に恵まれたのですが、その後同じ方が客を入れずに生配信で歌うのも聞きました。どちらも素晴らしかったのですが、より感動したのはどちらだと思いますか。

そうです。生の舞台です。感動にふるえました。そもそも声が違うのです。見に来てくれた観客に自分の声を届けたいという強い気持ちが歌声に加わって、圧倒されました。客の雰囲気やノリに合わせて、自在に歌い方を変えて一緒に音楽空間をつくっていくのです。そこにはホールの音響の素晴らしさもあるでしょう。

さて、この話がみなさんとどう関係あるのか。それは、舞台に立つ側の緊張が違うせいで、こちらの感動が違ったのではないかと考えたのです。観客が客席にいるほうが緊張度が高く、誰もいない客席を前に歌うときは緊張度が低かったのではないか。それがパフォーマンスに影響するのではないか。

大勢の人前に立ったことがある人ならわかると思いますが、舞台に出る前は舞台そでに待機して出番を待ちます。客席からざわざわした雰囲気が伝わってきて大勢の人が来ていることがわかります。このあたりで緊張が高まってきます。舞台の真ん中に出ていくのが怖くなってくる。しかし、その緊張を力に変えて最大のパフォーマンスを見せることで、観客に感動を与えることができます。

みなさんも同じです。緊張が始まるポイントは人によって異なるでしょう。駅を降りて他の受検生たちの波とともに学校へ向かうときかもしれません。校門を越えて、ひとりで校舎に入っていくときかもしれません。あるいは、集合時間が過ぎて、座席に受検生がずらりと座っているのに物音ひとつしないときかもしれません。いずれにせよ、その緊張を自分のプラス材料だと考えるようにするのです。

緊張が高まるほどに力が出る。緊張が高まるほどに楽しみになってくる。
緊張するのは悪いことではありません。緊張は力の源です。
緊張している自分を感じて、にやりと笑うのです。これは楽しみだと。
受検の日を迎えてしまえば、勉強が足りていないなどの不安はもう関係ありません。だって、もう当日ですから。
目線を上げて、深呼吸をして、心を落ち着けましょう。
みなさんが全力で戦えるよう祈っています。