2019年06月17日

定期テスト

理科教務主任の川上です。
過ごしやすい季節から、だんだんと暖かくなってきました。
この時期といえば中学生は定期テストです。
定期テストの点数は、内申点に直結しています。
理科でいえば、体内における各器官の関係のようです。
普段の生活で各器官の働きを意識することはないと思います。
これは定期テストに向けた学習も、本来は同様です。
学校で習った単元、塾で習った単元を復習する習慣があるかどうか。
つまり意識して行う動作を無意識にできるかどうか(習慣化)がポイントです。
学校のワークは提出前に焦って仕上げていませんか?
新しく習った範囲は学校のワークを使い1週間以内には着手し、良い復習の機会にすると、
おのずと定期テストの点数も上がります。
また、完成していない部分(実技科目)を定期テスト1か月前から対策すると
期待していた以上の結果に繋がってきます。
最初は慣れない動作でも、続けていくことで自分にしみ込み、
食後の歯磨きと同じくらい当たり前のことになります。

E-styleでは定期テスト対策を行っており、年間を通して対策をしています。
対策とは記載していますが、要は普段から行っており、習慣化をする。
内容としては、与えられた時間内にどの課題を進めていくかを決め、
先生が見守るなか、勉強をしています。
是非一度体験に来てください。
違った感覚を知ることができます。
お待ちしております。

後日、連載企画E-style巣鴨校紹介はあげさせていただきます。
お楽しみに。