2021年05月14日

1学期の過ごし方

こんにちは。
E-style大井町校 小学部主任の二宮です。

今回は1学期の過ごし方についてお話しします。
ゴールデンウイークも明け、新しい環境にも慣れた頃かと思いますが、勉強の面では実は注意が必要です。
なぜなら、この期間は目的意識が薄くただなんとなく過ごしてしまいがちだからです。
受検生でも「まだ受検までだいぶあるし・・・」と思ってしまい、スイッチが入らなかったり、
受検生以外でも、新学年になったときは気持ち新たに取り組んでいたがその気持ちも落ち着きだしたり・・・というタイミングだからです。

そこで、みなさんにアドバイス。
1学期は「夏期講習で最大の効果を発揮するための準備期間」だと思ってください。
なぜ夏期講習に備えるのかというと、こんな言葉があります。
「夏は受検の天王山」
「夏を制する者は受検を制す」
という言葉からも夏休みの過ごし方はすごく大事なのです。夏が重要なのは受検生以外も同じです。
しかし、その過ごし方も夏休みからいきなりは変えられません。
すなわち、今のうちから準備をする必要があるのです。
では、何を準備するのか。
➀スケジュール管理
➁学習習慣
➂生活習慣
です。
これら3つが備わっているかどうかで、夏休みの効果が変わり、夏休み明けの成績に大きな差が出てきます。
だから、1学期はぜひこの3つを意識して取り組んでください。

みなさんもう、備わっていますか・・・?


こちらはE-style大井町校の授業風景です