2020年01月21日

2020年度入学者選抜応募倍率速報

小学部担当の宮田です。

いよいよ都立中・区立九段中の2月3日の適性検査まであと2週間を切り、子どもたちはラストスパートをかけています。それぞれが抱えている課題をひとつずつクリアしていくことは受検直前期でも変わることはありません。合格に向けてするべきことをしていきましょう。

さて、20日・21日に各中学校の応募状況が発表になりました。
詳細は以下の表にあるように、応募者数が減っている学校が多く、11校の体制になってからは初めて応募者数が9,000名を割りました。一方で、両国女子・富士男子・立川国際女子で志願者が増えています。みなさんが志望している学校の志願者の増減は気になるところでしょう。
とはいえ、受検生にとっての結果は、合格か不合格のどちらかだけです。合格を信じてがんばりましょう。

【都内公立中高一貫校応募倍率】