2021年09月04日

E-style新学期スタート

E-styleの川上です。
8月が終わり、9月に入りました。最近は、夏のような暑さはなく、例年に比べて肌寒く感じている方も多いと思います。
寒くなると免疫力も低下しますので、体調管理は万全にしていきましょう。
このご時世だからこそ、前向きに明るく過ごすことでわかることもあるかと思います。

さて9月に入り、新学期を迎えている方がほとんどかと思います。
E-styleでも9月2日より新学期の授業が、小学生、中学生ともにスタートしました。
1学期と比べると顔つきがなんだか変わったように思えます。
夏を乗り越え大きな成長ができたのではないでしょうか。
これから受検生にとっては、志望校の過去問演習がだんだんと始まり、受検勉強の大詰めを迎えます。
悔いを残さない結果のために、全力で取り組んで欲しいと思います。
来年度以降受検を控えている方は、次の学年につなげるために、1単元といわず、1問1問を大切に解きなおしまで含めて行い、自分の糧としてください。

また9月に入り、本格的な受検対策を検討されている方のお問合せを、非常に多くいただいております。
そこで、もっともあるご質問内容について解答させていただきます。
塾はいつから始めたらよいのか。
端的にお答えしますと、早く通って損はないということ。これはカリキュラムギャップの弊害を減らせるからです。始める時期が遅ければ、先に通っている方に比べて、追いつくための学習量は増えてしまいます。
もちろんお子様が通うべき時期を検討・判断し、新学年からスタートをきると良いなどの返答をすることもありますが、少しでも早めの学習をおすすめします。
E-styleでは、最初の段階で適性検査等のテストをお受けいただき、面談、体験授業の流れになります。テストの結果、面談、体験授業の際のお子様の様子を客観的に判断し、お子様にとって適切なタイミングでのご通塾をご案内しております。
プロだからこそわかる目線で、常にお答えさせていただいております。
興味のある方は、ぜひ一度お越しください。
お子様が最良の受検を迎えられるよう、一緒に考えさせていただきます。