2021年08月13日

E-style短期集中特訓開始

E-style中学部理科主任の川上です。
オリンピックが終了し、選手たちはそれぞれ満足のいく結果を出したことを喜び、悔し涙を流す方もいらっしゃったかと思います。
全力で打ち込む姿を見ると、心打たれます。
ふと考えてみると、入試と同じだと感じます。
受検生がむかえる入試当日。
教室に子供たちが帰ってきて話をすると、実力を出し切ったと言い切れる子、後悔をする子、さまざまな想いを抱えています。
毎年、入試に送り出す立場としては、後悔をさせたくない。合格をさせたい。
月並みですが、努力が報われてほしいと思います。

さてE-styleでは昨日より、栄光の森という短期集中特訓が始まりました。
小学5年生から中学3年生が集まり必死に勉強しています。
小学生は適性検査に向けて、思考力が問われるような問題に挑み、中学生は5教科の勉強をしています。英語の英作文、国語の記述問題、数学の途中式・・・持てる力を出して問題を解いています。
また普段とは異なる環境、異なるライバルたちとあうことで刺激を受け、普段よりもやる気に満ち溢れているように感じます。
あと2日もあります。多くのことを得て、8月後半から始まる通常授業、ひいては入試に向かって、栄光の森でしか得られないことを、得てほしい。
がんばれ受検生!