富士高校附属中対策コース
(公立中高一貫校対策コース)

富士高校附属中は適性検査Ⅲが独自問題で、複雑な読み取り問題と立体図形が多く出題されます。富士高校附属中対策コースでは、気づいたことを自ら発表する練習を通して、論理的に問題を解いていく手順を身につける専用カリキュラムで学習します。

E-styleでは、富士高校附属中の出題傾向を熟知した専門教師がお子さまの指導にあたります。通常授業と特別講座を組み合わせた「富士高校附属中対策に特化した指導」で、お子さまを合格へと導きます。

実施教室 E-style中野校
対象 小学3年生~小学6年生
指導内訳 小3:国語・記述
小4:算数・理系、国語・文系
小5:理系・文系
小6:適性検査Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ対策(表現)、適性検査Ⅱ・Ⅲ対策(思考・判断)
指導時間(映像授業含む) 小3:50分
小4:200分
小5:300分
小6:450分

適性検査の傾向

報告書点と適性検査Ⅲ(独自問題)の比率が高い選抜形式

報告書:30%、適性検査Ⅰ:20%、適性検査Ⅱ:20%、適性検査Ⅲ:30%
適性検査Ⅰ(共同作成問題)

・読解問題…比喩や指示語の置き換えや要旨記述
・作文課題…400~440字
テーマ例:本を読むとき心がけること、理解するための行動

作文:70点、読解:30点
適性検査Ⅱ

・大問1…算数(共同作成問題) 作業速度や条件読取能力を問う問題
・大問2…社会(共同作成問題) 計算や説明を含む資料読取問題
・大問3…理科(共同作成問題) 理科実験における考察力を問う問題

大問1:40点、大問2:30点、大問3:30点
適性検査Ⅲ:富士独自問題

・大問1…算数 与えられた説明を理解し、条件を満たす答えを導く問題
・大問2…算数 図形に対する理解力を測る問題
テーマ例:暗号に関する問題/五角柱の回転に関する問題

大問1:50点、大問2:50点

コースの特長

富士高校附属中の合格力を高める専門指導

富士高校附属中の入試選抜は、当日得点の半分以上を算数分野が占めます。理数アカデミー校として「理数的解決力」を育成するからこそ、その素質を持った生徒を選抜するという意思が感じられる適性検査です。また、国語・社会・理科は共同作成問題として標準的なレベルの問題が並ぶとはいえ、多くの記述量を求められることから、ポイントを簡潔につむいでいく訓練が不可欠です。

E-style中野校では、富士高校附属中の出題傾向を熟知した教師と、過去の合格者のデータを徹底分析して作り上げたE-styleオリジナルカリキュラムで、富士高校附属中の合格に直結する専門指導を行います。

小3

あらゆる学びの入り口となる土台を作る

小4

中学受験に必要な「見えない力」の醸成

小5

合格に不可欠な文章読解力・思考力の養成

小6

富士対策を中心に都立合格力に特化した授業

小3 あらゆる学びの入り口となる土台を作る

「国語・記述」に特化した授業で、国語の文章の基本的な読み取りを体得し、4年生以降の適性検査対策に向けた基礎的な読解力、記述力を養います。
また、知識を必要としない「算数パズル」を通して、答えに近づいていく楽しさと学ぶことへの意欲を身につけます。

小4 中学受験に必要な「見えない力」の醸成

ディスカッションやプレゼンテーションを通して、適性検査の土台として求められる「知的好奇心」を育み、同時に「条件に即した思考力」の基礎を学びます。
定着すべきものを確実に身につけるための「計画力」も重視し、あらゆる学びに必要な学習習慣の定着を支援します。

小5 合格に不可欠な文章読解力・思考力の養成

適性検査で出題されたさまざまなジャンルの読解問題に対応するため、各文章の読み方を系統的に学びます。
また、頻出問題を確実に得点できる状況を作るために、重要単元を繰り返し演習するカリキュラムで必要解法を身に付け、適性検査問題への対応力を向上させます。

小6 富士対策を中心に都立合格力に特化した授業

適性検査Ⅰの対策(共同作成問題)
問われたことに素直に答えることが大切な共同作成の作文。授業で多くの文章を扱い、要約力や換言力を鍛えていきます。誰が見ても評価される表現力を身につけるため、指摘された内容に注意しながら書き直す練習も行います。

適性検査Ⅱの対策(共同作成問題)
学校で習う知識がどのような形で適性検査に出題されるのかを、授業を通して理解しながら学習していきます。学んでいないからできない、ではなく、その場で『考える』ことの意味を、授業を通して指導します。

適性検査Ⅲの対策(富士高校附属中独自問題)
算数に対する深い理解を身に付けるため、予習型で挑戦した問題を「説明する」授業を設けています。問題の設定を変えるとどうなるかについても議論し、間違えても挑戦する意欲や粘り強さを醸成します。

特別講座

小3土曜講座

小3を対象として、「理科系記述力」の養成に特化した専門講座を行っています。土曜日に隔週で記述講座を受講できます。“身近なふしぎ”に注目した説明文を題材に、要約する力と表現する力を育てます。(平日に行っている「国語・記述」と同内容の授業です)
※小3のみ

E-style夏の短期集中特訓

小5は、適性検査対策として不可欠な解法の演習・解説を行い、今後の対策への足掛かりを完成させます。小6は、徹底した実戦演習、基礎学力を問うテストを通し得点につながる弱点克服を目指します。
※小5・小6のみ