立川国際中等教育学校対策コース
(公立中高一貫校対策コース)

立川国際中は、適性検査Ⅰが独自問題で、適性検査Ⅱが共同作成問題です。立川国際中対策コースでは、説明的文章を中心に他のジャンルの文章も偏ることなく取り扱い、読解問題や作文の練習を行います。また、資料を分析し表現する力の向上、課題を論理的に分析し考察する力の養成を行う専用カリキュラムで学習します。

E-styleでは、立川国際中の出題傾向を熟知した専門教師がお子さまの指導にあたります。通常授業と特別講座を組み合わせた「立川国際中対策に特化した指導」で、お子さまを合格へと導きます。

実施教室 E-style立川校
対象 小学3年生~小学6年生
指導内訳 小3:国語・記述
小4・5:算数・理系、国語・文系
小6:適性検査Ⅰ対策(読解・作文)、適性検査Ⅱ対策(算数・理社)
指導時間(映像授業含む) 小3:50分
小4:200分
小5:300分
小6:400分

適性検査の傾向

報告書点の割合がやや高く、
適性検査ⅠとⅡの比率が1:2

適性検査Ⅰ(立川国際独自問題)

・読解問題…説明的文章の読解に関する記述問題
・作文課題…課題文の要旨をまとめ、460~500字で作文を書く問題
テーマ例:個性は生物が作り出した生き残るための戦略であり、ばらばらであることには意味がある。

読解30点、作文70点
適性検査Ⅱ(共同作成問題)

・大問1…算数(共同作成問題)言葉・数・式などを用いて考えを表現する力、論理的に考察・処理する力をみる問題
・大問2…社会(共同作成問題)複数の資料や文章から分析し、それを活用する考察力をみる問題
・大問3…理科(共同作成問題)理科実験における比較力、考察力、計画力、観察結果の表現力をみる問題

読解30点、作文70点

コースの特長

立川国際中の合格力を高める専門指導

立川国際中の適性検査は、適性検査Ⅰが独自問題で、説明的文章を読解し、要約し、作文を書く問題が出されます。小学生にはやや難しい文章が出されますが、これに挑戦する気持ちを持って前向きに取り組み続けることができるかどうかが、立川国際中への合格に近づく第一歩です。また、適性検査Ⅱは共同作成問題であり、標準的なレベルの問題が並ぶとはいえ、45分間という短い時間の中で、正確に長い問題文を読み取り、ミスをせずに解答する力を養成する訓練が必要です。
E-style立川校では、立川国際中の出題傾向を熟知した教師と、過去の合格者のデータを徹底分析して作り上げたE-styleオリジナルカリキュラムで、立川国際中の合格に直結する専門指導を行います。

小3

読解力・記述力および知的好奇心の養成

小4

国語と算数を中心に基礎学力を整え、学び方を身につける

小5

物事の仕組みに興味を持ちつつ、読解力と論理的思考力を養成する

小6

あらゆる分野の学習をこなして解答速度と得点力を高める

小3 読解力・記述力および知的好奇心の養成

適性検査1に対応できる読解力・記述力を早期から養成するために、高学年向けの教材を用いて、説明的文章の要点把握への慣れをつくります。それとともに、適性検査2・3対策に取り組むうえでの基礎となる知的好奇心を育てるために、「正座をすると、足がしびれるのはなぜ?」「ウマの顔はなぜ長いの?」といった、身近で理科的な疑問をテーマにした文章を題材にします。また、テーマに即した「調べ学習」に取り組むことで課題探究への意識付けを図ります。

小4 国語と算数を中心に基礎学力を整え、学び方を身につける

漢字を正確に書くだけでなく、意味を理解する。計算問題を頭の中で暗算するのではなく、筆算を書きミスなく解く。都道府県の名称だけでなく、その位置や形を理解し、特徴も知っている。自然現象の仕組みを科学的な目で見て、その先はどうなるのだろうと洞察しようとする。基礎をきちんと学び、そのうえで興味の幅を広げること。それが受検対策の第一歩です。自分が賢くなっていく楽しさを実感しながら、じっくり考えられる良問を通して、適性検査の考え方を無理なく身につけます。

小5 物事の仕組みに興味を持ちつつ、読解力と論理的思考力を養成する

立川国際中の適性検査Ⅰでは、「類人猿」や「植物」、「海洋プラスチック問題」から「優しさと嫌われたくない気持ちのちがい」など出題ジャンルは多岐にわたります。また、適性検査Ⅱにおいては、理解すれば何でもない問題でもその前に多量の問題文を読みこなす必要があります。これに対応するには、自分の読解力を上回る質と量の文章に触れて訓練し続けるのが効果的です。授業や教材から学んだことをきっかけに、本やメディアなどを使って、世の中の様々な物事への探求心を引き出せるように指導を行います。

小6 あらゆる分野の学習をこなして解答速度と得点力を高める

適性検査Ⅰの対策(立川国際独自問題)
課題文が1編であり読解問題数が2題でもう1題が作文という構成の適性検査Ⅰは、受験生が集中しやすいように作られています。読解問題2題で50点の配分があり、作文だけでなく読解問題にも重点を置いて指導します。

適性検査Ⅱの対策(共同作成問題)
長めの設問を正確に速く読みこなし、設問の意図に沿って解答する力を養います。基礎的な学習内容をふまえ、作業しながら考えることで、資料が意味する課題点や解決法が見えて、伝わる記述解答になるように指導します。

特別講座

小6 立川国際特訓(立川校)

小6を対象として、立川国際中の適性検査に特化した特別講座を行っています。カリキュラムを前期/後期に分け、着実な入試準備を進めていきます。 ※小6のみ

小3土曜講座

立川国際中の適性検査で求められる「適性検査を楽しむポジティブさ」を養う専門講座を開講しています。隔週土曜日に適性検査対策授業を受講できます。“身近なしくみ”に注目した教材を題材に、思考する力と表現する力を育てます。 ※小3のみ

E-style夏の短期集中特訓

小5は、適性検査対策として不可欠な解法の演習・解説を行い、今後の対策への足掛かりを完成させます。小6は、徹底した実戦演習、基礎学力を問うテストを通し得点につながる弱点克服を目指します。
※小5・小6のみ