夏期直前親子集会&外部模試

教師の写真

執筆者

遠藤 幸治

最難関都立高校対策数学科教務主任

夏の学習で大事なポイント

数学科主任の遠藤です。

本日は中学3年の夏期直前親子集会をE-style上野校で開催しました。

親御様においては、お忙しい中ご足労いただき誠にありがとうございました。

本日のメインテーマは、

『450時間の達成』

約51日間での学習時間の目標達成についてです。

特に大事な2つのポイントをお伝えします。

1つ目は、量を積み上げた先に見える世界を感じてほしいからです。

問題を見た瞬間に何をすればよいのかが頭に浮かぶためには、反復による知識の定着

は不可欠です。この一瞬の積み重ねが合否を左右します。

 

2つ目は、今の志望校に合格するための結果を出してほしいからです。

E-styleでは、8~9月の模試結果をもって受験校についての相談をします。

つまり、ここで結果を出せなければ志望校を変更する可能性があるということです。

参夏の学習は、量、質、そして結果が求められます。

最高の教育で、最高の進路選択となるよう、講師一同全力で対応します。

 

外部模試は当日のうちに自己採点を

小学生におかれましては、7月15日に外部模試を受検するお子様が多いかと思います。

当日のうちに、自己採点をしてみてください。もちろん、間違えてしまった問題については何が原因で間違えたのかをメモとして記録してください。

成績の伸びはここで分かれます。

 

夏期講習まであと1週間です。

E-styleの夏期講習にご興味がありましたらお気軽に教室までご連絡ください。

カテゴリー

新着記事

アーカイブ