教師の写真

執筆者

川上 克佳

最難関都立高校対策理科教務主任

最難関都立高校の合格に向けて、残りの時間をどう過ごすか

E-styleの川上です。

12/14にE-styleの親子集会を行いました。今回は、残された時間をいかに過ごしていくのか、入試前後の動きについて説明しました。

 

まずは、残された時間をいかに過ごすのか。

ここで大切なことは、時期と内容をわけるということ。

冬休みの期間、他県の1月入試が終わるまで、2月東京都内私立入試が終わるまで、そして運命の2/21までの期間です。時期によって自身がすべき内容を分けることが大切です。

例えば、冬休みは時間がとれるから理科の勉強をしよう!

素晴らしい目標だと思いますが、苦手単元を、より細かく抽出すること。

地学を勉強しようとしても、地学だけでも地層、地震、月の満ち欠けなど細かくわけてみると多岐にわたります。

よって大切なことは正しく分析をし、得点を伸ばせる内容を冬休みに定着させること。

焦りが出始めるときだからこそ、冷静に時期の選別と、内容の精査を行うのです。

以上の点を意識するように話しています。

入試前後の内容の中でも、特に入試当日の動きは必ずチェックする。

何時に家を出発するのか、何時の電車・バスに乗車するのか、休憩時間に何をするのか・・決めることは多々あります。

当日に力を出し尽くすためにも、今のうちに決めておきましょう。

本命である、最難関都立高校の合格のために。

カテゴリー

新着記事

アーカイブ