Blog

小学部主任の沖哲弥です。 「夏を制する者は受験を制する」というのは、受験業界の宣伝だという声もあるようですが、そんなことはありません。本当に、夏を制する者は受験を制します。大切なのは、「夏を制する」とは具体的に何を指すの…続きを読むarrow

責任者の堀隆一です。 2020年以降の大学入試改革について、昨年から多くのメディアで情報が出ております。 今年の3月31日に「高大接続システム改革会議の『最終報告』」があり、5月16日にその会議を踏まえ、実現に向けた検討…続きを読むarrow

中学部主任の實方友輝です。日が経つにつれて暑さが増し、夏を感じる今日この頃です。定期テスト、部活動と大忙しの毎日を送っていることと思われますが、近づく夏休みも視野に入れておかなければいけません。そこで本日と来月は夏休みの…続きを読むarrow

小学部主任の沖哲弥です。前々回の模擬試験についての続きです。 前回、模擬試験を受けるとき、今日は本番だという気持ちで取り組むのが大切だという話をしました。しかし、心構えはそうあってほしいのですが、やはり模試は模試なのであ…続きを読むarrow

責任者の堀隆一です。 5月から7月にかけて、多くの中学校・高等学校で説明会が開催されます。今回はその学校説明会に関して述べたいと思います。 学校主催の説明会は、直接その学校に「触れる」貴重な経験になり、学校外での開催の場…続きを読むarrow

沖哲弥です。本日は、模擬試験の考え方についてご説明いたします。 そもそも、模擬試験はなぜ存在するのでしょうか。誰が始めたのかはさておき、どうして始めようと考えたのかを考えてみたいと思います。 学習塾の先生は、ふだんからテ…続きを読むarrow

中学部主任の實方友輝です。GWが終わり、学校行事、部活動が本格的にスタートしました。毎日が忙しくなるなかで、定期テストも近づいてきました。細かく計画を立て、かつ効率的に実施することがカギとなります。ということで、今回は定…続きを読むarrow

小学部主任の沖哲弥です。 賢さにもいろいろな種類があります。思いつくままに並べてみますと、要領が良い、洞察力がある、分析力に秀でている、頭の回転が速い、思慮深い、判断力に優れる、直観力が図抜けている、などなど。ゆとり教育…続きを読むarrow

責任者の堀隆一です。 前回は宮田から公立中高一貫入試の現状について説明しました。今回は適性検査の問題について触れたいと思います。 大学入試改革や学習指導要領の改訂でも育成すべき力として注目されている「思考力」「判断力」「…続きを読むarrow

栄光入試サポート部の宮田篤史です。今回は、2017年度公立中高一貫入試の状況についてご報告と来年度への展望をお伝えします。 2017年度の東京都は公立中高一貫校の志願者が約5%減りました。しかし、ほとんどの受検生がしっか…続きを読むarrow

1 2